Horiは【レッドウィング9046 ベックマンオックスフォード】を手に入れた!

靴を買いました。

[RedWing 9046 BeckmanOxford Teak FeatherStone]

手に入れたのはレッドウィングのベックマンオックスフォードです。

ベックマンにオックスフォードなんてあったの?という方もいらっしゃるかもしれませんが、海外では6インチラウンドトゥのベックマンを始め、オックスフォード、チャッカブーツ、そしてサイドゴアのベックマンチェルシーといったファミリーモデルが販売されているのです。

これ、ずっと欲しくて悩んでいたんですよね。何を悩んでいたかというと、今年すでに茶系の短靴はレッドウィングのポストマン3104とパラブーツのウィリアムの2足を買っているので、これ以上必要なのかと。。。

Horiは【レッドウィング3104 ポストマン】を手に入れた!
靴を買いました! 買ったのはまたしてもレッドウィング。 この赤い羽根マークのタカラ箱はいく...
Horiは【パラブーツ ウィリアム グレインコニャック】を手に入れた!
靴を一足買いました。 ネイビーのシャンボードに続く2足目のパラブーツ、ダブルモンクの"ウィリアム...

ところが、シャンボードを修理に出し、その後そろそろソール交換時期のレッドウィング8109を修理に出そうと思ったら、仕事で履く靴が少なくなってしまう!という都合の良い理由を思い付いてしまったのです。
元々それを見越してウィリアムを買ったはずなんですけどね。矛盾しています。

スポンサーリンク
レクタングル広告 L

本国仕様のNewモデル

[RedWing 9046 BeckmanOxford Teak FeatherStone]

この靴を見てピンときた方もいらっしゃるかもしれませんね。

そうです、以前紹介したコレです。

【レッドウィング】本国アメリカからベックマンファミリー アップデートのお知らせ
ゴールデンウィークど真ん中の今日。 レッドウィングの総本山、アメリカのレッドウィングHeritageから新作...

今年リニューアルされたラスト210仕様のNewベックマンオックスフォードです。

レザーはベックマンらしくフェザーストーンが使われています。黒と茶の2色があって、こちらはチークという茶の方。黒も捨てがたかったのですが、この新色のチークが気に入って今年3足目だろうが構わず茶にしました。

ちなみにこのチークフェザーストーンは今冬発売のサイドゴアブーツ「コングレスブーツ」にも使われましたね。

【レッドウィング】待望のサイドゴア『コングレスブーツ』の発売が決定☆
ひとつ前の記事にも書きましたが、今年のレッドウィングは魅力的な新作が目白押し! ビームスとの共同...

サッとお手入れ

5月に発売されたばかりの新作ですが、手元に届いたのは3月製造分でした。気になるほどの乾燥は見られませんでしたが、箱の中で変なクセが付いてしまっていたのでデリケートクリームで潤わせてシューツリーで矯正します。さらにクリームナチュラーレで薄く表面保護。

[RedWing 9046 BeckmanOxford Teak FeatherStone]

最初のお手入れはこれだけで完了です。

フェザーストーンといえば見事なエイジングを見せてくれている私の6インチラウンドトゥベックマン9011。

このブログの主役たち#02 【レッドウィング 9011】
前回エントリーで紹介した9874の次に手に入れたのがこの9011です。9874でレッドウィングへの興味...

新色のチークフェザーストーンが今後どう変化して行くか、楽しみでなりません。

ベックマンオックスフォード9046

ベックマンオックスフォードは今回のリニューアルでラストが224から210に変更になりました。

224は細身で甲が低く、日本人の足にはフィッティングが難しいと言われていたラストですが、新たに使われる210はポストマンに使われているラストで、国内でも実績があります。

私の履いているホワイトソールポストマン3104もラスト210で、そのフィット感とヒールのホールド感の良さは身を以て経験済みです。

Horiは【レッドウィング3104 ポストマン】を手に入れた!
靴を買いました! 買ったのはまたしてもレッドウィング。 この赤い羽根マークのタカラ箱はいく...

今回このNewベックマンオックスフォードに目を付けたのも、ラスト210になったということが大きいです。

そのポストマン3104と並べてみたのですが、これが見た目は全くの別物。ラフアウトとスムースレザーの違いもありますが、レースステイの作りやソールの違い、アイレットの裏表やウェルトのステッチの違いなどもあって、全く違う雰囲気の靴に仕上がっています。

ちなみにライニングは3104がキャンバスで9046はレザー。この辺りはさすがベックマンシリーズといったところです。

[RedWing 9046 BeckmanOxford Teak FeatherStonen]

ヒールまわりもポストマンがオールアラウンドグッドイヤーなのに対してベックマンオックスフォードはシングルウェルト。

[RedWing 9046 BeckmanOxford Teak FeatherStone]

ヒールパーツが小ぶりになり、ドレス感が強くなっています。

ソールはベックマンシリーズの共通仕様であるレザーソール×ビブラムRoccia半張りです。

[RedWing 9046 BeckmanOxford Teak FeatherStone]

よく見ると半張りにRED WING SHOES®︎の文字が。同じRocciaソールでも、9011には入っていません。ラグの彫りも9011のものより浅いので、こちらはレッドウィングが別注で作ったものなのでしょう。

9011と並べてみると違いが良く分かります。

[RedWing 9046 BeckmanOxford Teak FeatherStone]

ミッドソールの有無で雰囲気がガラリと変わりますね。さらに半張りも厚みが違い、オックスフォードの方はラグの凹凸がほとんど分からないので、よりスマートな見た目に仕上がっています。

ソールが薄い分、反りが良くて最初から歩きやすそうです。

レースはワックス付きの丸紐。

[RedWing 9046 BeckmanOxford Teak FeatherStone]

6インチベックマンの平紐のようにペタペタとした質感です。ワックス付きレースは紐が形状記憶をするので非常に解けにくくて快適です。

純正のままでも良いですが、細めの平紐に替えても雰囲気良さそうですね。

2足目のベックマン

[RedWing 9046 BeckmanOxford Teak FeatherStone]

オックスフォードではありますが、4年ぶりに手に入れた2足目のベックマン。
ベックマンシリーズにはフラッグシップ的な特別感がありますね。

お気に入り過ぎて履く機会がなくなってしまっている9011のようにならないように、しっかりと履いて行こうと思います。

コメント

  1. くぼ より:

    horiさんベックマンオックスフォード実物どうですか?思ったより良かったのではないですか?履き心地もいいですよね。

    • Hori Hori より:

      くぼさん、コメントありがとうございます☆
      遅ればせながら、やっと手に入れました^ ^

      おっしゃる通り、想像以上の満足感がありますね!さすがベックマンシリーズです。
      並んで食べたラーメンが美味しく感じるのと同じ原理か、悩んで迷ってガマンして買った靴は手に入れた喜びがひときわ大きく感じます^ ^

      まだ試着しかできていないのですが、履き心地も良さそうですね。これはヘビーローテーションになりそうな予感です!

  2. トシ より:

    こちらでもこんばんは!
    実は仕事用に9046か、コングレス9078で迷っております(まだ先ですがw)
    いずれも新色チークで、210かミルワンか…(>_<)
    結果この冬は違うの買いましたが、horiさんのエイジングは大いに参考にさせていただこうと思っております!
    羨ましいです(*^^*)

    • Hori Hori より:

      トシさん、コメントありがとうございます☆

      やはりまだ購入リストに入っていましたか^ ^
      季節的にコングレスブーツも捨てがたいですよね。。。いずれにしてもチークフェザーストーン、良い色ですよ。まだ履いていませんが^^;

      私はトシさんの9877を見てゴールドラセット&8インチ入手の決意を新たにしました!
      純正レザークリームでの経年変化、楽しみにしています♪