【レッドウィング】2019年9月1日より一部商品の価格改定(値上げ)を発表

価格改定

レッドウィング・ジャパンから一部商品の価格改定がアナウンスされました。

価格改定、、、もちろん値上げです
一部商品 価格改定のお知らせ | News | RED WING SHOES
いつもレッド・ウィング製品をご愛顧いただき、ありがとうございます。この度、原料価格高騰による製造コスト上昇のため、一部商品の価格を、2019年9月1日付にて改定させて頂きます。ご理解の程、何卒宜しくお願い致します。
スポンサーリンク

新価格は2019年9月1日から

今回の値上げは2019年9月1日付で行われます。

値上げになる品番と新旧価格は以下の通り。

新旧価格リスト

品番 モデル レザー 新価格(税抜) 現価格(税抜)
875 6インチ
モック
オロレガシー 37,900 36,900
8861★ ホーソーン ミュールスキナー
8876 カッパー ラフ&タフ
8173 ホーソーン アビレーン
8179 ブラック クローム
8875 オロラセット ポーテージ
9874 アイリッシュセッター
モック
ブラック クロンダイク 42,900 41,500
9875 ゴールドラセット セコイア
9878★ アイリッシュセッター
モック/ビブラム
ブラック クロンダイク
9879★ ゴールドラセット セコイア
8151★ 6インチ
ラウンド
ホーソーン ミュールスキナー 34,900 32,400
9111 カッパー ラフ&タフ
8165 ブラック クローム
8166 オロラセット ポーテージ
9870 アイリッシュセッター
ラウンド
ブラック クロンダイク 38,900 37,000
8080 アイアンレンジ ブラッククローム 41,900 37,900
8081 アンバー ハーネス
8876 カッパー ラフ&タフ
8113 ホーソーン ミュールスキナー
8085 カッパー ラフ&タフ
8119 オックスブラッド メサ
9411 ベックマン ラウンド ブラックチェリー フェザーストーン 45,900 41,500
9413 チェスナット フェザーストーン
9414 ブラック フェザーストーン
9416 シガー フェザーストーン
9060 ベックマン フラットボックス ブラック クロンダイク
9096 キャバリーチャッカ ブラック エスカイヤ 49,900 46,000

★は2019年9月下旬発売予定

モデルによりまちまちですが、1,000円から4,000円程度の値上げになるようです。

今回の値上げから見えてくること?

公式サイトを見ると、今回の値上げの理由は「原料価格高騰による製造コスト上昇のため」と、よくある説明がされています。
でも、この理由なら前回、前々回の値上げの時のようにもっと多岐にわたる品番で値上げされて然るべきではないでしょうか。

レッドウィングジャパン 本日、価格改定を発表 | 今日も晴れて幸せ!
以前より噂のあったレッドウィングジャパンの値上げ。 いよいよ、公式サイトでアナウンスが出ましたね。 詳しくはこちらからどうぞ。 レッドウィン...
レッドウィングジャパン 主要製品の値上げを断行 - 2015年6月1日から | 今日も晴れて幸せ!
過去の記事でも少し触れていますが、レッドウィングジャパンの公式サイトで6月1日からの値上げが正式にアナウンスされました。 最近では2014年8月1日...

好意的に受け取れば、この品番数に留めてくれたと思えなくもないですが、リストアップされた品番を見るとそうとばかりも思えなくなる部分があります。

新作が発売前に値上げ?

まず気になるのがこの秋の新作。

未だ公式発表もないまま、一部販売店で予約がスタートしていますが、、、

【レッドウィング】新作出そろいました! ビブラムアイリッシュセッターも予約開始 | 今日も晴れて幸せ!
この秋の新作がいよいよ出揃いました! それぞれリンク先で予約受付が始まっています。 ビブラムソールのアイリッシュセッターが気になりますが、ラフアウ...

例年9月下旬発売の新作7品番のうち、4品番もが9月1日から値上げとなります。

今回、予約受付開始が7/21からの品番と8/1からの品番に分かれていたのですが、後発の品番は値上げの公式アナウンスを待っていたということですね。

発売前に値上げというのは過去に例がありません。
まだ販売実績がないので値上げというのもおかしな話ではありますが、2月の展示会時点では確かに旧価格で発表されているので、販売店にとっては値上げに他なりません。
通常であれば値上げを見越して展示会時点で価格設定をしておくべきですし、今まではそうでした。
受注を受けてから値上げ通知なんてことでなかったら良いですが。。。

この場当たり的ともいうべき異例の値上げ。
トップ交代による急な舵切りでもあったのでしょうか。

据え置き?廃番?

もう一点不可解なのが、アイリッシュセッター ラウンドトゥの9870(ブラッククロンダイク)が値上げになるのに、9871(ゴールドラセット)がリストに載っていないこと。モックトゥは9874と9875が揃って値上げなのに、なぜラウンドトゥは片方なのか。

他にも、ベックマンフラットボックスやキャバリーチャッカも他の色展開があるにもかかわらず1色ずつしかリストアップされていません。

普通に考えれば、リストに載っていない=単純に価格据え置きですが、値上げの理由が「原料価格高騰による製造コスト上昇のため」となると、例外があるのはなんとも理解に苦しみます。

一部でトップ交代によりラインナップに大鉈が振るわれるという噂もあるので、もしや廃番、、、なんて可能性もなきにしもあらずでしょうか。

値上げ品番の選定基準?

そもそも、今回の値上げ品番には偏りがあるように思えます。要は販売数の多い品番=主力品番に偏りすぎてはいないでしょうか。

穿った見方をすれば、増税に乗じてオフシーズンに主力品番の値上げを行い、その差額でしっかり稼ごうという意図を感じてしまいます。

だとすると全てではないにしろ、先述のリスト外品番廃番説も説得力を増してきます。

何度も言いますが、値上げの理由が「原料価格高騰による製造コスト上昇のため」であれば、一部の品番にその差額を転嫁するのではなく、薄く広く値上げするのが妥当ではないかと思います。

価格推移

ここまでネガティブなことも書いてきましたが、おそらく9割方私の考えすぎであろうと思います。

レッドウィングに限らず、革製品の市場価格はここ数年上がる一方です。私のレッドウィング熱が再燃した2012年以降も、何度か値上げがあり消費税の増税もありました。

そこで、その当時から今回の値上げ、そして10月の増税によりどのくらいの価格上昇になるのか計算してみました。

※価格欄の括弧内は税込価格

価格改定・増税 9011(9411) 875
〜2012年
7月
36,400
(38,220)
28,400
(29,820)
2012年8月
(値上げ)
38,000
(39,900)
31,400
(32,970)
2014年8月
(値上げ)
39,500
(42,660)
33,000
(35,640)
2015年6月
(値上げ)
41,500
(44,820)
36,900
(39,852)
2019年9月
(値上げ)
45,900
(49,572)
37,900
(40,932)
2019年10月
(増税)
45,900
(50,490)
37,900
(41,690)
値上げ率 126%
(132%)
133%
(139%)

本体価格で考えると、ここ7年ほどで9011が26%、875が33%の上昇です。

かなりの上昇率ですが、これでも靴に関して言えば決して高くはないのでしょうか。
レッドウィングのクオリティを考えれば、やっと妥当な価格になったか、まだ安いくらいなのかも知れません。

これから買うならもちろん安いに越したことはありませんが、すでに持っているとなると、値上げされればされるほど自分の靴の価値が上がっていくということなので、考え方によってはお得です。

いずれにしても、値上げ対象品番の購入を検討している方は、8月中の購入が絶対的におすすめです。

コメント