【レッドウィング】シューストア東京青山店5周年 児島インディゴ染めセッターを限定発売へ

レッドウィング・ジャパンより、限定モデルの発表がありました。

春の新作より先にお披露目されたのは、レッドウィングシューストア東京青山店の5周年を祝うこちらのスペシャルブーツです。

Red wing heritage 8173 Indigo over dye

Image from “Red Wing Japan

「RED WIND SHOE STORE 東京青山」さんに行ってきました☆ 追記あり | 今日も晴れて幸せ!
先ほどの記事の続きです。 休日出勤の仕事をさっさと終わらせて向かったのはこちら! 「Red Wing Shoe Store 東京青山」 ...

あれからもう5年も経つのですね。
おめでとうございます!

スポンサーリンク

岡山県児島のインディゴ染めセッター

この只ならぬ出で立ちのブーツ。
デニムの聖地、岡山県児島で手作業によりインディゴ染めされた特別な一足なのだそうです。

Red wing heritage 8173 Indigo over dye

Image from “Red Wing Japan

染めは桃太郎ジーンズやジャパンブルージーンズで有名な(株)ジャパンブルーさんだそうです。

ベースとなるのは現行の8173。
ホーソーン アビレーン ラフアウトの6インチモックトゥです。

【レッドウィング】現行クラシックワークの一部モデルへの犬タグ導入が決定!! 8875他
レッドウィング・ジャパンから気になる情報がアナウンスされました。 現行モデルの一部にアイリッシ...

現行なので犬タグも付くのですが、その犬タグもこの通り。

Red wing heritage 8173 Indigo over dye

Image from “Red Wing Japan

真っ青の犬タグ。愛犬ならぬ藍犬ですね。
まさか青山だから青とか。。。

靴の製品染めはなかなか見かけませんが、製品染め特有のヴィンテージ感がラフアウトのワークブーツにうまくマッチしている気がします。

間違っても白い靴下は履けませんね。

経年変化も楽しめる

インディゴ染めと言うことで、色抜けの経年変化も楽しめるとのことです。

Red wing heritage 8173 Indigo over dye

Image from “Red Wing Japan

左が新品。右が一ヶ月ほぼ毎日履いたサンプルです。

深海を思わせる深い藍色から、爽やかささえ感じるキレイなブルーに変化しているのが分かります。

色の濃いうちはパッサパサに色落ちしたスリムなブルージーンズに合わせたらカッコ良さそうです。
色が薄くなってきたら、爽やかな色と存在感を生かして夏のショートパンツに合わせるのも良さそうです。

児島の技術が光る逸品

ラフアウトブーツの後染めはリペアショップから個人まで、過去にもいくつか見たことがあるのですが、ピューリタンミシンのトリプルステッチのところはうまく染まっていない場合がほとんどです。
というのも、このトリプルステッチには防水性を高めるためのラテックスが染み込ませてあるのです。

このステッチ部分は水(=染料)が入りづらいので染めるのが難しいはずなのですが、写真を見る限り綺麗に染まっているようですね。

Red wing heritage 8173 Indigo over dye

Image from “Red Wing Japan

この辺りはさすが児島の技術というところでしょうか。

仕様

  • 品番 : 8173 Indigo over dye [Limited]
  • レザー : ホーソーン アビレーン ラフアウト (インディゴ製品染め)
  • ソール : トラクショントレッドソール
  • ラスト : No.23
  • サイズ展開 : 要問い合わせ
  • 価格 : 46,000 + tax
  • 発売日 : 2019年1月10日
    シューストア東京青山店限定発売

ヨーロッパでも周年モデルとして発売

このインディゴ染めセッター、実は初見ではありませんでした。

シューストア5周年モデルとしてではなく、ヨーロッパのセレクトショップ『Tenue de Nîmes』の10周年モデルとして既にリリースされていたのです。

TDN X RED WING INDIGO OVER DYE

Image from “Tenue de Nîmes

アムステルダム企画の限定モデルなのにEワイズしかないのが不思議だったのですが、8173は日本限定なので、またジャパン企画モデルの海外進出の一環かなくらいにしか思っていませんでした。

これは後からでは絶対に手に入らないコレクターズアイテム化することは必至ですね。ヨーロッパではわずか75足限定でしたが、日本ではどのくらい用意されるのでしょうか。

青山店は骨董通りという土地柄、レッドウィングファンならずともファッションアイテムとして購入する方もいらっしゃるでしょうから、競争率は相当のものでしょう。

手に入れたい、履いてみたいという方はどうかお早めに。

コメント

タイトルとURLをコピーしました