【レッドウィング】直営シューストア3店舗でホワイトレザースーパーソールを数量限定発売![8808]

2018年秋に発売され話題になったのも記憶に新しいBEAMS BOYスペシャルブーツ。

[Red wing] 8808

Image from “Beams Online Shop

【レッドウィング】今年も登場!ビームス限定スペシャルモデル!
日本においてはレッドウィングと切っても切れない存在のセレクトショップ「BEAMS」。 ...

このホワイトレザー仕立てのスーパーソール8808が、国内3店舗の直営シューストアで数量限定発売となりました。

スポンサーリンク

メンズサイズの拡大展開

[Red wing] Super sole 8808

Image from “Red Wing Japan

今回発売されたのはUS6.0からUS10.5のメンズサイズ。

元々この8808はBEAMS BOY用に作られたため、基本的にウィメンズサイズのみの展開でした。
唯一新宿のBEAMS JAPANでのみメンズサイズが販売されていたのですが、そのメンズサイズがシューストア3店舗に拡大展開された形です。

限定にはワケがある

レッドウィング・ジャパンの説明によると、このブーツが限定生産なのには理由があるようです。

[Red wing] Super sole 8808

Image from “Red Wing Japan

レザーの生産を担うタンナー(S.B.フット社)の工場から、レッドウィング社の製靴工場に至るまで、通常黒や茶系の靴を作る製造ラインで白いレザーを扱うためには、大掛かりなメンテナンスを要するのだそうです。
それはそうですよね。いつも通りの環境で作っていたら、あんなに真っ白なレザーは作れないでしょうし、汚さずに靴に仕立てることもできないはずです。

製造ラインをメンテナンスのために止めるということは、生産キャパを落とすということですから、そう何度もできることではないでしょう。時は金なりです。

20周年はホワイト?

白いブーツといえば、2016年秋に発売されたConcepts別注のホワイトブーツが思い出されます。

[Red wing] x concepts 4315

Image from “Concepts

このブーツはConceptsの20周年スペシャルなのですが、8808もBEAMS BOYの20周年。

20周年は白いブーツでお祝いする習慣でもあるのでしょうか。

日本では4代目ホワイトブーツ

このブーツに使われているホワイトレザー、実は初めての登場ではありません。

2000年初頭に、やはりビームスが限定モデルとして発売をしています。

[Red wing] White series

Image from “Red Wing Japan

2001年にモックトゥ8871とラウンドトゥ8873、2003年にエンジニア8275。
スーパーソール8808はホワイトブーツとしては4代目に当たります。

今回、BEAMSの完全限定ではなく、結果として先行発売となりました。思い起こせば、復刻半円犬タグブーツも後から直営店で発売をしています。
実はホワイトブーツの過去3モデルも最初だけBEAMS限定で発売しておいて、後から他の小売店にも解禁されています。この頃からの販売手法のようですね。

仕様

  • 品番 : 8808
  • レザー : ホワイトレザー(正式名称不明)
  • ソール : スーパーソール
  • ラスト : No.326
  • サイズ展開 : US6.0-10.5 E
    ※US4.0-6.0はBEAMS BOYにて発売中
  • 価格 : 28,700 + tax
  • 発売日 : 2019年2月1日
    シューストア3店舗にて数量限定発売

コメント

タイトルとURLをコピーしました