【レッドウィング】1930sスポーツオックスフォードは大いなる布石だった!この春[オールドアウトドア]ラインデビュー!

先日速報的にお伝えした春の新作第二弾「1930s スポーツオックスフォード」。

【レッドウィング】2018春夏新作第二弾!フラットボックスなオックスフォード「1930s スポーツオックスフォード」発売へ! 8070/8071
先日、レッドウィング・ジャパンから新作2型の公式発表がありましたが、その文末にさらに3月下旬に新作の発売を予定...

いよいよ公式からも情報が出てきました。

このポストのキャプションを読んで、私は勘違いをしていたことに気付かされました。

先日の記事でこのスポーツオックスフォードをクラシックドレスと表現していましたが、それは大きな誤りだったのです。

公式の説明はこうです。

レッド・ウィングの歴史の中でも、特にその創業期から1970年代までの間には、ワークブーツやドレスシューズとも趣を異にする、クラシックスタイルのアウトドア向けの靴も多数存在しています。今後、 「オールドアウトドア」という新たなラインの中で、そうしたユニークな靴を、ひとつずつ、ご紹介していきたいと考えています。「1930s スポーツ・オックスフォード」 は、今シーズンから新たに始動するその「オールドアウトドア」ラインの記念すべき第1弾となるシューズです。

スポーツオックスフォードはクラシックドレスではなく、新たにスタートするオールドアウトドアの第一弾だったのです。
考えてみれば、グロコードKing-Bソールの説明でスポーツとかアウトドアという単語がたくさん出ていましたね。ここ数年、春の短靴と言えばクラシックドレスという流れだったとは言え、安易にクラシックドレスと断定してしまったのは浅はかでした。

スポンサーリンク
レクタングル広告 L

オールドアウトドアの今後は?

クラシックドレスではなかったとしても、スポーツオックスフォードの魅力に一片の陰りもありません。
むしろ、新しいカテゴリーの新作がどのようなものなのか、興味は増すばかりです。

そして、少し気が早いかもしれませんが、気になるのはオールドアウトドアラインの今後のラインナップです。

アウトドアと聞いて真っ先に思い浮かぶのは、知る人ぞ知る幻の逸品、トレッキングブーツです。

これの復刻となればちょっとしたお祭り騒ぎになりそうです。

また、アウトドアという言葉を拡大解釈し、ワークでもドレスでもミリタリーでもない、屋外活動用の靴と定義すればデッキシューズなども視野に入ってきます。

さらに目が離せなくなる今後のレッドウィング。

あぁ、なぜこんなにワクワクさせてくれるのでしょう。