【レッドウィング】2018春夏新作第二弾!フラットボックスなオックスフォード「1930s スポーツオックスフォード」発売へ! 8070/8071

先日、レッドウィング・ジャパンから新作2型の公式発表がありましたが、その文末にさらに3月下旬に新作の発売を予定しているという一文が記載されていたのはご存知でしょうか。

その新作がついにヴェールを脱ぎました。

通常、情報解禁は1ヶ月前なので、それまで楽しみに待とうと思っていたのですが、なんと早くも予約受け付けをスタートしたショップが現れたのです。

早速明らかになった新作の全貌をご覧ください。

スポンサーリンク
レクタングル広告 L

1930s スポーツオックスフォード

こちらが3月下旬に発売される新モデルです。

その名も「1930s スポーツオックスフォード」。

1920年代から40年代にかけて存在した、大戦前のベストセラーだったオックスフォードを再現したモデルだそうです。

一見既存のワークオックスフォードと同じようにも見えますが、よく見ると色々な違いがありました。

フラットボックス

まず一番大きな特徴はフラットボックス仕様。つまり先芯の入らないソフトトゥ仕上げとなります。

国内では昨秋に発売して大きな話題となったベックマンフラットボックス、マンソンB-5チャッカに続く第3のフラットボックスモデルとなります。

先芯がないので、エイジングはこの通り。

[Red Wing] 1930s Sport Oxford 8070/8071

Image from “Foot Monkey

海外モデルも含めてモックのソフトトゥはこれが初めてですが、なかなか良いエイジングをしますね。

グロコードKing-Bソール

画像からも分かる通り、今回の新作には新しいソールが採用されています。これ、なんと当時のスポーツオックスフォードに使われていたソールをわざわざ復刻したものなのだそうです。

スポーツオックスフォードはその名の通り、スポーツにも使えるというのが売りで、運動靴が一般的でない当時、画期的な軽さと柔軟性で大ヒットしたのだとか。それに一役買ったのがこのグロコードKing-Bというソール。深めのパターンを持つKing-Bはゴルフやハイキングなどのアウトドアを想定してデザインされたそうです。

ところで、このトレッドパターンどこかで見覚えがありませんか?そうです、50番ラストのエンジニアブーツに使われているネオプレンコードソールにそっくりなんです。実はネオプレンコードのパターンはこのグロコードKing-Bソールに由来するそうです。

ラスト8のモックトゥ

一部の例外はあるものの、レッドウィングでモックトゥの木型と言えば王道の23番かスーパーソールの326番というのが相場ですね。ですが、このスポーツオックスフォードはなんとラウンドトゥの8番ラスト。

8番はレッドウィング最古の木型にして、ベックマンからアイアンレンジ、はたまたラインマンなどにも使われる万能選手です。ですが、8番のモックトゥというのは初めて見ました。
見た目に違和感もないですし、8番のモックトゥなんて履き心地が良いに決まっています。

これでまた8番ラストの可能性が広がりましたね。

クラシックドレス

その他、外観の特徴としては、間隔が狭めの5アイレット、細かなステッチのすくいモカやシンプルなバックステー、シングルウェルトにツーピースソール。それらが一体となって、ワークオックスフォードにはないクラシカルなドレス感を感じさせます。

レザーはブラッククロンダイクとシガーリタン

気になるレザーバリエーションは以下の通りです。

No.8070
レザー : ブラッククロンダイク

No.8071
レザー : シガーリタン

注目は絶対的な人気を誇るブラッククロンダイクの8070ですね。茶芯のエイジングは他では得難い風格があります。
ですが、エイジング画像を見るとこの靴にマッチしているのはシガーリタンの方かなと個人的には思います。本物のヴィンテージシューズのような雰囲気が出ていて、30年代当時の靴を思わせるという意味で好印象です。

これは良い靴を出してきましたね。

共通項目
ラスト : 8番
ソール : グロコード King-B ソール
サイズ展開 : 6.0-11.0 D
価格 : ¥37,000 + tax
発売日 : 3月下旬

世界最先端のレッドウィング?

今回の新作を見て感じるのは、以前よりもレッドウィング・ジャパンの作りたいものが作りやすい環境になってきているのかなということです。

というのも、数年前まで既存のデザイン、マテリアルの組み合わせの中で新作を作るというのが主流でしたが、ここ最近はアーカイブからの復刻という流れができてきて、レザーの開発も盛んに行い、今回に至ってはソールまで復刻です。

ここまで商品開発が思い通りになるというのは、これまでの実績が認められた証ではないでしょうか。

ゴールドラセットセコイアとブラッククロンダイクでアイリッシュセッターを復刻し大ヒット。グロコードメダリオンソールを復活させてクラシックドレスラインを拡充し購買層を拡大。集大成としてジャパン主導企画でグローバル展開したアニバーサリーモデル「ハンツマン」の大成功。
その後、アイリッシュセッターシリーズの逆輸出で欧米で好評を博すなど、ここ最近ジャパン社の存在感は増すばかりだったのではないでしょうか。

かつて、茶芯ブラッククロームの復刻を企画したところ、本社に相手にされなかったというような話を聞いたこともありますが、時代は変わったものです。

日本的アメカジ観、ヴィンテージ観がグローバル市場に広がりを見せている今、ファッションとしてのレッドウィングの最先端はアメリカでもヨーロッパでもなく、ここ日本なのかもしれません。

最先端の新作にリアルタイムに接することができることに誇りと喜びを感じます。