Horiは【グレゴリー40周年限定 復刻バックパック】を手に入れた!

1月に第一報をお伝えしてからちょうど2ヶ月。

【グレゴリー】40周年を記念して紫タグと青文字タグの復刻モデルを限定発売 (追記あり)
さて、創業40周年を迎え、私の中で今 "キテいる" ブランド『グレゴリー』。 初期のデイパックを...

ついに我が家にもやってきました。

グレゴリーの40周年記念モデルたちです。

結局、購入したのは3つ。

復刻紫タグの90シリーズからデイパック(以下DAY)と、復刻青文字タグのブルーレターシリーズからDAY、デイアンドハーフ(以下DAY.5)です。

発売前に予約したのは90のDAYとブルーレターのDAY.5の2つだったのですが、グレゴリー原宿の40周年展で見たブルーレターの色があまりにもキレイで気に入ったので、慌ててDAYも追加注文してしまいました。

スポンサーリンク
レクタングル広告 L

40th Anniv. DAY PACK 90(紫タグ)

[Gregory 40th Anniversary DAY PACK 90]

今回の限定モデルのラインナップを見て、最初に欲しいと思ったのはコレでした。

何と言っても憧れの紫タグ。

定番のデイパック。

そして使いやすい黒。

[Gregory 40th Anniversary DAY PACK 90]

実物を手に取ると、1Lしか変わらないのに現行よりかなり小ぶりに見えます。何が違うのか見比べてみたらボトムのパーツが違うんですね。
現行モデルはボトムが浅くなっていて、フロントパネルの面積が広いので大きく見えるようです。

メインコンパートメントのPCスリーブやメッシュポケットも当時はなかったのでもちろん付きません。使い勝手より再現にこだわるあたりに本気度の高さが伺えます。

定番の進化を発見できたと共に、「そうそう、DAYってこうだったよね。」とノスタルジックな気分になりました。

ちょっとカスタム

このDAY 90、色とタグはそれぞれ気に入ったのですが、付属まで黒の真っ黒パックに白場のタグがちょっと唐突というか、浮いて見えるというか。。。

ということで、ちょっとひと手間。

黒コードのジッパープルを別売りの茶のレザータブに交換します。

[Gregory 40th Anniversary DAY PACK 90]

ご覧の通りただのレザータブではありません。グレゴリー原宿の40周年展で手に入れた「GREGORY 40th」の焼印入りです。

40周年展に行った時に6本入りのレザータブを持っていたので1袋全てに押してもらったのですが、ここはさりげなく1本のみロゴ入りに。

[Gregory 40th Anniversary DAY PACK 90]

あぁ、なんかしっくり来ました。

40th Anniv. DAY AND A HALF PACK Blue Letter(青文字タグ)

続いては復刻青文字タグのDAY.5です。

[Gregory 40th Anniversary DAY AND A HALF PACK Blue Letter]

ブルーレターを予約するにあたって、DAYにするかDAY.5にするか迷ったのですが、単純に90をDAYにしたのでブルーレターはDAY.5にしました。

結果論ですが、DAY.5を使うシチュエーションって、ちょっとした遠出やハイキングなどカジュアルな場面が多そうなので、このポップな色合いのブルー×パープルが気分を盛り上げてくれそうな気もします。

[Gregory 40th Anniversary DAY AND A HALF PACK Blue Letter]

このわずかに赤みのある青がデジタルカメラの苦手な色なのでうまくお伝えできていないかもしれませんが、ホントに良い色なんです。

こちらもDAYと同じく当時の再現に徹しているので、PCスリーブもメッシュポケットも付きません。

現行よりも5cm背が高い上にサイドパネルの幅が狭いので、現行に比べてとてもスリムに見えます。
こちらも「そうそう、DAY.5ってこうだったよね。」という懐かしさがあります。

40th Anniv. DAY PACK Blue Letter(青文字タグ)

[Gregory 40th Anniversary DAY PACK Blue Letter]

冒頭でも書きましたが、予約品を受け取る前にグレゴリー原宿で見たブルーレターの色にヤラれてしまい、急いで追加注文したDAY。

青文字タグは紫タグよりも馴染みがあります。

[Gregory 40th Anniversary Blue Letter]

最初は、青文字タグで黒を出してくれれば一番良かったのに!と思いましたが、今となってはブルー×パープルにこの青文字タグがとても良く似合っていると思います。

手に取るまではDAY 90と同じくジッパープルをレザータブに替えようと思っていたのですが、実物を見るとこれはこれでまとまりが良いので当面はこのまま使おうと思います。

[Gregory 40th Anniversary Blue Letter]

決してDAY 90の付け替えが意外と難航して心が折れたわけではありません。

仕様や付属品

今回の復刻シリーズはタグやパターン、ポケットの有無だけでなく、色々な点で現行モデルとは違う仕様になっています。

ハーネスまわり

[Gregory 40th Anniversary]

ここはハーネスそのものの性能もそうですが、背負ったときに正面から見える部分なのでファッション的にも重要な部分ですね。グレゴリーのアイデンティティの一部といっても良いかもしれません。

ぱっと見は現行モデルと同じですが、下端に半円形のバックルガードが付いています。
バックル類はウエストベルトも含めてロゴなし。また、ウエストベルトを収納するベルトキーパーも付いていません。

バックルだけでなくフィギュア8もロゴなし。

[Gregory 40th Anniversary]

現行モデルよりもしっかりとしたテープで取り付けられていますね。ぶら下がっている感じがしないので、個人的にはこちらの方が好きです。

ファスナーまわり

ファスナーは今も昔もYKKの10番コイルファスナー。

[Gregory 40th Anniversary]

スライダーは90がブラック、ブルーレターがシルバーです。ジッパープルはどちらも同じ黒コードが取り付けられています。

下げ札

付いている下げ札も特別仕様。

[Gregory 40th Anniversary]

グローバルタグの他に当時使われていたものを再現した下げ札が付きます。

左が90(紫タグ)のもの、右がブルーレター(青文字タグ)のもの。裏側はどちらも真ん中のウェインさんのポートレイトとサイン、そして何やら英文が書かれたデザインです。英文は時間があるときにでも読んでみましょう。

おまけ

そして、おまけで付いてきた小冊子「THE GREGORY BOOK」とタグと同じデザインのステッカー。

[Gregory 40th Anniversary]

紫タグを買ったお店は残念ながら付けてもらえませんでした。

今年のグレゴリーは刊行物が多くて困ります。

読めば読むほど欲しくなっちゃいますからね。

早速、次なる刺客に備えて先立つ物を工面しなければ。

【グレゴリー】40周年 気になる復刻第3弾は茶タグとシルバータグ?
2017年、年明け早々バックパック界隈の話題をかっさらった復刻ファーストタグデイパック≪1977≫に続いて、本...

この記事を読んだ方におすすめの関連記事

今年40周年を迎える【グレゴリー】がアツい!
グレゴリー。 言わずと知れたバックパックをはじめとするアウトドアバッグブランドですね。 実...
Horiは【グレゴリー スケッチ 25】を手に入れた!
先日グレゴリーが40周年という記事を書きましたが、、、 グレゴリーを見ていたら通勤用のカバンがヘ...
【グレゴリー】40周年を記念して紫タグと青文字タグの復刻モデルを限定発売 (追記あり)
さて、創業40周年を迎え、私の中で今 "キテいる" ブランド『グレゴリー』。 初期のデイパックを...
40周年の【グレゴリー】2017SS新色《リバティーブルー》と気になる情報
40周年を記念して発売される、初期のデイパックを復刻した《1977》や懐かしのタグを復活させた《ブルーレター》...
グレゴリー40周年特別版【THE GREGORY BOOK】3月10日発売決定
のっけから魅力的なアニバーサリーアイテムでファンを引きつけている40周年のグレゴリー。 ...
【グレゴリー】40周年 気になる復刻第3弾は茶タグとシルバータグ?
2017年、年明け早々バックパック界隈の話題をかっさらった復刻ファーストタグデイパック≪1977≫に続いて、本...