【パラブーツ ウィリアム】をコルドヌリアングレーズでお手入れ

昨年8月に手に入れて、8ヶ月が経ったパラブーツのウィリアムです。

[Paraboot WILLIAM GrainCognac]

履いた回数は40回ほど。
今では仕事履きローテーションの一角として頼もしい存在になっています。

シャンボードに次いで2足目のパラブーツであるこの靴がとても気に入ったので、先日デッキシューズのバースも購入するに至りました。

今日はそんなウィリアムのお手入れです。

スポンサーリンク
レクタングル広告 L

仕上げをコルドヌリアングレーズのビーズワックスクリームに変更

ウィリアムには最初のお手入れ以来、ずっとクリームナチュラーレを使っていました。

【パラブーツ ウィリアム】履き下ろし前のプレメンテ
秋冬の仕事靴として買った初のダブルモンク、パラブーツのウィリアム。 すでに履き下ろしているのです...

今回はコルドヌリ アングレーズのビーズワックスクリームを使ってみます。

[Paraboot WILLIAM GrainCognac]
※私のは旧いデザインです。

これを使った理由は靴の雰囲気に合わせてもう少し重厚な光沢が欲しかったのと、どちらもフランス製なのでなんとなく相性が良さそうに思えたからです。

そういえばシャンボードも同じくフランス製のサフィールを導入したばかりですね。

ネイビーを取り戻せ!黒くなったネイビーシャンボードを【サフィールノワール クレム1925】でお手入れ
腰裏の修理を経てますます活躍中のネイビーシャンボード。 気付けば購入から早くも2年が経ちました。...

狙い通りの仕上がり

お手入れの手順はいつも通りなので割愛します。

右足だけビーズワックスクリームで仕上げたのがこちらの写真。

[Paraboot WILLIAM GrainCognac]

左足に比べてしっとりとした光沢が出ていますね。
シボに立体感が出て、靴全体が重厚な面持ちになりました。

そして、相変わらずの良い香り。
優雅な気分でお手入れが捗ります。

両足を仕上げて完成です。

[Paraboot WILLIAM GrainCognac]

次は同じく型押しのブラウンか、アイボリーのステッチが利いたリスレザーのブラウンか。。。

いずれ色違いも欲しい一足です。