買って2ヶ月が経った【パラブーツ ウィリアム】のお手入れ

先日買ったばかりと思っていたパラブーツのウィリアムですが、気付けばもう2ヶ月が経っていました。

[Paraboot WILLIAM GrainCognac]

汎用性の高さと履き心地の良さで、早速仕事履きローテーションの要になりつつあります。

汚れやシワが目立ちづらいスコッチグレインレザーなので見た目の変化に乏しいのは寂しいところですが、レザーが柔らかいこともあって10回ほどの着用ですっかり足に馴染んできました。

履き下ろしの時はごく簡単なお手入れをしただけだったので、改めてきちんとお手入れをしてみました。

【パラブーツ ウィリアム】履き下ろし前のプレメンテ
秋冬の仕事靴として買った初のダブルモンク、パラブーツのウィリアム。 すでに履き下ろしているのです...
スポンサーリンク
レクタングル広告 L

使ったのはいつもの顔触れ

今回使ったケアグッズはこちら。

Shoe care goods

  • M.モゥブレィ ステインリムーバー
  • M.モゥブレィ プレステージ クリームナチュラーレ[ニュートラル]
  • M.モゥブレィ アニリンカーフクリーム
  • HIRANOブラシ[馬毛(茶)][豚毛(白)]
  • ペネトレイトブラシ

前回とほとんど同じですが、違うのはケア対象が新品ではないので汚れ落としのステインリムーバーを使ったところと、クリームナチュラーレの他にアニリンカーフクリームを使ったところです。
クリームナチュラーレとアニリンカーフクリームをどう使い分けたかは後ほどご説明しますね。

基本に忠実に

基本通りに、まずはステインリムーバーで全体を優しく拭き上げます。
クロスが薄っすらと茶色くなったので、出荷時に茶のクリームが塗られていたのでしょう。

汚れと古いクリームを落としたらペネトレイトブラシでクリームナチュラーレを塗って行きます。
浸透性の良いクリームナチュラーレと、油分水分を吸収しやすく、すぐに色が濃くなるレザーの組み合わせなので均一に塗るのが難しいのですが、豚毛ブラシでしっかりとブラッシングをすればすぐにキレイになります。

小回りが利いて使いやすいHIRANOブラシはとても重宝しますね。

右足だけクリームナチュラーレを塗った状態がこちら。

[Paraboot WILLIAM GrainCognac]

写真では伝わりづらいかも知れませんが、何もしていない左足(左側)よりクリームを塗った右足(右側)の方が型押しのエンボスに立体感が出て、表情が豊かになりました。

スムースレザーのようにてき面に光沢が出るというわけではないですが、この小さな自己満足が趣味の靴磨きには必要です。

ここでアニリンカーフクリーム

両足にクリームナチュラーレを塗り込んだら、いよいよアニリンカーフクリームの登場です。

他の靴のお手入れでもやっているのですが、使うのはココ、つま先です。

[Paraboot WILLIAM GrainCognac]

アニリンカーフクリームは手持ちのクリーム類の中でも一番光沢が出るクリームなので、靴の雰囲気にメリハリを付けるのに丁度良いのです。

よりドレッシーに仕上げるならワックスでポリッシュなのでしょうが、私にはこれで十分。

スコッチグレインレザーと言ってもつま先はテンションがかかっていてエンボスがなく、元々他に比べて光沢のある部位なのでアニリンカーフクリームを塗っても劇的な変化はありません。こちらも自己満足ということで。。。

これで更に愛着もわいて、より履く機会が増えそうです。

[Paraboot WILLIAM GrainCognac]