Horiは【ホワイトハウスコックス S7660 三つ折り財布】を手に入れた!

先日のカメラレンズに続いて靴とは関係ないものですが、転職を機に財布を新調してみました。

買ったのは定番のホワイトハウスコックスの三つ折りです。

[WhitehouseCox S7660  3Fold Wallet]

そこはレッドウィングじゃないのかよ!というツッコミはご容赦ください。

ホワイトハウスコックスの財布はこれが3代目。
今まで二つ折りの黒→黒×赤と10年以上使ってきて初めての三つ折り、そして初めてのネイビーです。

実は今回、新調するにあたって他のブランドに乗り換えてみようと色々検討しました。ガンゾ、万双、ワイルドスワンズ、ココマイスター、イルビゾンテ、、、その他色々と見てみましたが、結局またホワイトハウスコックスに落ち着いてしまいました。

決してホワイトハウスコックスが大好き!という訳ではないのですが、10年以上使った愛着や安心感、信頼感みたいなものでしょうか。なんだか自分にちょうど良いという感じがしてしまうのです。

スポンサーリンク
レクタングル広告 L

実は只者じゃないネイビー

このネイビーの三つ折り財布、実は内側が黄色なんです。

[WhitehouseCox S7660  3Fold Wallet]

ホワイトハウスコックスのエイジングがどうしてもアジと思えない私は、なるべく汚れが目立たない暗い色ということでネイビーをチョイス。でも汚れづらい内側は気分が明るくなるキレイな色が良いので、このネイビー×イエローのツートーンカラーにしました。

詳しい方は「あ、2015年のホリデーラインだ。」と思われるかも知れませんが、実は違うんです。私もあのホリデーラインのネイビー×イエローを見てとても魅力を感じていたのですが、2015年からホリデーラインはロゴの刻印が表に変わったんですよね。

かつてレッドウィングのブーツのくるぶしに刻印が入ったように、ホワイトハウスコックスもブランドのアイデンティティ維持のためか、表にロゴを刻印するようになったのです。アタマの固い私はこれがどうしても馴染めず、やむなくスルー。

他にもリージェントブライドルという型押しレザーのシリーズでもこの配色があったのですが、やっぱり定番のブライドルレザーが良いなということで購入は見送っていました。

それが先日、スーパーセール中の楽天で何気なく見ていたらあるじゃないですか!ブライドルレザーでネイビー×イエロー、そして刻印は内側の定位置!商品説明を見て納得。あるショップの別注だったのです。

GLOBERさん、分かってらっしゃる!!

今度こそ本気でエイジング

先ほども書きましたが、私はWHCのブライドルレザーのエイジングがどうしてもアジと思えません。いや、WHCの名誉のために言っておきますが、悪いのは私です。頻繁に手に取るものなので、どうしても扱いが雑になってしまうんですよね。

WHCの財布はレッドウィングのようにガシガシ使ってアジの出るタイプの製品ではなく、大切に手入れしながらその繊細な美しさを楽しむものなのだと思います。
なので、私のような使い方をすると美しいエイジングは一瞬で終わってしまって、後は劣化するのみ。。。それはそうです。手入れなんてほとんどしていなかったのですから。

そこで、今回はブライドルレザーの真価を堪能するためにしっかりお手入れすることを決意。まずはカタチからということでこんなものを一緒に買いました。

[WhitehouseCox MaintenanceSet]

WHC純正のメンテナンスセットです。
内容は

  1. 表革全般に使えて表面保護効果のあるレザーバーム
  2. ブライドルレザーのロウ引きに使うロウと同じ成分のブライドルレザーフード
  3. 刻印入りブライドルレザーが高級感のある馬毛ブラシ

の3点です。

レザーバームとブライドルレザーフードは後でくたびれている二つ折りに使ってみるとして、早速純正ブラシで新しい三つ折りをブラッシングです。

[WhitehouseCox S7660  3Fold Wallet]

ブルームはそのままで発送と書いてあったのに開けた時にはキレイな状態だったのでイマイチ実感の湧かないブラッシングでした。でも最初が肝心。これからは靴と同様、毎日でもブラッシングしようと思います。

キレイなエイジングのために

さて、新たな相棒となったTSUTAYAカラーの三つ折り財布。
純正のメンテナンスセットを使いながら、今後どんなエイジングをして行くのか。その様子は不定期にこのブログでもレポートして行こうと思います。

靴もそうなのですが、ブログにアップすると思っていると無意識にキレイに保てるので、今回は良い感じにエイジングできそうな予感です。

さて、早速純正メンテナンスセットで10年使ったホリデーライン黒×赤ツートーンの二つ折りでもお手入れしようかな。
こちらは皆さまにお見せできるような状態ではないのでブログ掲載はいたしません。あしからず。

コメント

  1. くぼ より:

    Horiさんこんにちは!財布新調おめでとうございます。お気持ちわかります!自分もWHCのラウンドを使ってます。中にさりげなくブランドロゴが入ってるとこが好きで!以前はエッティンガーの黒×黄のラウンドやったんですけどジッパーの目が細かいせいか一年で駄目になり、修理も考えたのですが、WHC出合い使ってます!

    • Hori Hori より:

      くぼさん、コメントありがとうございます☆
      くぼさんもWHCお使いですか!シンプルで使い勝手が良くて、気負わず使える良い財布ですよね^ ^
      確かにエッティンガーは華奢な感じはありますが、その分、気品を感じさせる佇まいですよね。もし私がきちっとスーツを着るような仕事なら間違いなくエッティンガーを選んでいたと思います^ ^

      ラウンドジップ、使いやすいですか?最近使っている人も多いので気になっていたのですが、開け閉めが億劫で諦めてしまいまし>_< かなり先になりますが次はラウンドジップにしようかなぁ。。。

  2. くぼ より:

    Horiさん、ラウンドのええとこは普通のより埃が入りにくいとこです!自分は仕事柄(建築関係)なもんで普通のやとカード類が直ぐにダメになるんですよ 逆にいえば、ラウンドしかないのが現状です。最近ほんまにラウンド使ってる人見掛けるようになりました

    • Hori Hori より:

      埃が入りにくいというのは目から鱗です!少し考えれば分かりそうなものですが、たくさん入りそうとか、お札折らなくて済むとか、最近流行ってるとかばかり考えて、ジップで閉じられることの最大のメリットを見落としていました>_< 私もいつもトートバッグに放り込んでしまうので、埃が入ってしまうことが多いです^^;やっぱり次はラウンドジップが良いですね☆

  3. くぼ より:

    Horiさん余談なんすけどRW8050買ったんすよ(*≧∀≦*)正確には誕生日プレゼントに買ってもらったんすけど、(いや~8100とめっちゃ悩みました(>_<))
    それでなんですけどコルクソールの部分には何か塗ったりしてますか?アッパーはリムーバー、デリケート、ニュートラルクリームでプレメンテはしたんですけど、コルクソールの部分はどないしたらいいんやろと思いまして
    よろしければアドバイスお願いします

    • Hori Hori より:

      RW8050入手、おめでとうございます☆お誕生日に買ってもらえるなんて羨ましいですね!!
      8050は同じフォアマンでも、私が履いている海外仕様の805xシリーズと違ってHHHグレードのヘビーなレザーにレザーライニング、ミッドソールも咬ませてあってオックスフォードの割に重厚で存在感のある一足ですよね^ ^
      これからの季節、爽やかな8100も捨てがたいですね。迷うお気持ちも分かります!それにしても、かつての8100の品番を付けられていたオックスフォードと、現在の8100で悩むとは何か運命的なものを感じますね。

      私はコルクソールには何も塗ってませんよ^^;たまにウェルトにクリーム塗ったり、汚れたらブラッシングするか拭く程度ですね。。。でも、それくらい耐久性もあって汚れも目立たないイージーケアなソールだと思います!コルクソールは履き込んで反ってくるとまた格別のカッコ良さで、履き心地も格段に良くなるので、ぜひ容赦なくガンガン履いてあげてください^ ^

      • くぼ より:

        アドバイスありがとうございましたきっと我慢できず夏くらいに8100も手に入れちゃうかもf(^_^;履く機会少ないのにって怒られるでしょうけど(>_<)

        • Hori Hori より:

          迷ってどちらか一方を買っても、結局両方買っちゃうことってありますよね^ ^
          「両方買っちゃう」を全力で支持させていただきます!