観測史上最速最短!梅雨が明けたので【J.M.ウェストン】180ローファーのお手入れをしました。

昨日6月29日、関東甲信地方で梅雨が明けしたとみられると発表がありました。

去年も早かったですが、それをさらに一週間も上回り、平年に比べておよそ三週間も早い梅雨明けです。

関東甲信地方の6月の梅雨明けは観測史上初めてのことだそうで、梅雨の期間23日間も1978年に並ぶ最短とのこと。梅雨が短いと水不足になる懸念もありますが、靴好きにとって梅雨は憂うつな季節。短いに越したことはありません。

突然迎えた夏。これからヘビーローテションになるJ.M.ウェストン180ローファーを急きょお手入れしました。

スポンサーリンク
レクタングル広告 L

夏の主役靴 180

購入から丸2年が経ったJ.M.ウェストン180です。

[J.M.WESTON 180 Signature Loafer Bleu BoxCalf]

地獄のような激痛に耐えていたのも今は昔。今では若干の窮屈さはあるものの、一日中履いていても痛むことはなくなりました。
インソールもアッパーも足の形に沿うように変形しているので、唯一無二のフィット感に愛着もひとしおです。

アッパーのお手入れ

J.M.ウェストンのボックスカーフは素のままで十分美しいので、最近はデリケートクリームだけでお手入れをしていました。

[J.M.WESTON 180 Signature Loafer Bleu BoxCalf]

繊細に見えて意外と丈夫なレザーのおかげで、多少擦ったりぶつけたりしてもキズは皆無です。

今年で3度目の夏を迎えるにあたり、少し趣向を変えて別のクリームを使ってみることにしました。

[J.M.WESTON 180 Signature Loafer Bleu BoxCalf]

コロニルのディアマントです。

Horiは【コロニル プレミアム ディアマント】を手に入れた!
新しいシュークリームを手に入れました。 懐かしの、そして憧れのコロニルディアマントです。 ...

クリームによる皮膜を感じさせず、レザーそのものが底光りするような仕上がりは他のクリームにはない特徴です。
素材の良さを活かしながら、光沢を与え保革する。この靴にうってつけのクリームですね。

[J.M.WESTON 180 Signature Loafer Bleu BoxCalf]

狙った通りの仕上がりに、思わず笑顔になります。

ソールのお手入れ

ラバーを張らずに履いているソールは2年間の着用で少しずつ削れてきています。

[J.M.WESTON 180 Signature Loafer Bleu BoxCalf]

体重のかかるボールジョイント部分は、すっかり起毛してヌバックさながらの状態です。

このままでは消耗が早くなってしまうので、ここもしっかりお手入れをします。

J.M.ウェストンのオールソールは本国に送るからというのもあるのだと思いますが、かなり割高なのだとか。
かと言って、純正以外で修理を行うと、それ以降純正修理ができなくなるとのことなので、このソールをなるべく長く保たせたいのです。

使うのはM.モゥブレィのソールモイスチャライザー。

私のは先ほどディアマントの横に写っていた白いボトルです。

固く絞った雑巾でソール全体を拭いた後、ソールモイスチャライザーを塗り込み、仕上げに硬いもの(私の場合はソールモイスチャライザーのボトル)で起毛を寝かせつけて完了です。

[J.M.WESTON 180 Signature Loafer Bleu BoxCalf]

起毛していた部分が平滑になり、光沢が出ました。
保湿効果で反りも良くなりますし、繊維一本一本をコーティングすることによって摩擦に対する耐性も上がります。

ちょっとしたひと手間ですが、これをすることでレザーソールの耐用年数が飛躍的に伸びます。

準備万端

思いがけず早い梅雨明けによって突如迎えた3年目の夏ですが、これで準備は万端です。

[J.M.WESTON 180 Signature Loafer Bleu BoxCalf]

今年もよろしくお願いします。