Horiは【M.モゥブレィ スポーツ】インソール ランニングα(アルファ)を手に入れた!

この春から運動不足のために始めたランニング。

[M.Mowbray Sport] Runningα Absorb

Horiは【ナイキ】エア ズーム ペガサス 35を手に入れた!
靴を一足買いました。 とは言っても、いつもの革靴ではありません。 今回買ったのはこちら。...

走り始めて1ヶ月もすると、自分の健康状態より靴の性能機能の方が気になり始めてしまう根っからの靴好きの私です。

四の五の言わず走れと言われてしまいそうですが、初心者にとってランニングシューズは重要です。
筋力もなく、ランニングフォームも完成されていない初心者にとって、シューズが走行に及ぼす影響は小さくありません。

特に重要なのはクッショニング。
走ってみて、足腰への衝撃が想像以上に大きいことに気付きました。

購入した2足はどちらもクッション性の高いもので、いつも履いている革靴やスニーカーに比べたら格段にソフトな接地感です。
それでも、しばらく走っていると膝や腰に痛みが出てきて走り続けられないことがあります。

靴はそのままに更にクッション性を増すことはできないものか。。。

あ、インソールがあるじゃないか!

スポンサーリンク

M.モゥブレィのスポーツインソール

ということで早速手に入れたのがこちらのインソール。

[M.Mowbray Sport] Runningα Absorb

M.Mowbray Sports(M.モゥブレィスポーツ)のランニングα(アルファ)です。

M.モゥブレィ。そう、あのシューケア界の定番的存在にして、私の愛用ブランドであるM.モゥブレィです。

[J.M.WESTON 180 Signature Loafer Bleu BoxCalf]

発売情報をSNSで見たのを思い出して、買うならこれだろうということで試してみることにしました。

M.モゥブレィスポーツって?

M.モゥブレィスポーツはM.モゥブレィを取り扱うR&Dさんが2018年12月にリリースしたスポーツインソールの新ブランドです。
トップアドバイザー兼アンバサダーに元プロ野球選手の谷繁元信氏を迎え、カテゴリーごとに4人のアスリートがアドバイザーを務める本格的な商品開発がされています。

[M.Mowbray Sport] Runningα Absorb

インソールは用途によって4種類がラインナップされています。

タイプ 特徴 主な用途
バランスα 土踏まずの高さを調節可能 ウォーキング・登山・フィットネスなど
エナジーα 打撃系スポーツのパワーをサポート 野球・ゴルフ・テニスなど
スピードα ストップ&ゴーの瞬発力をサポート バスケットボール・フットサルなど
ランニングα 低反発 or 高反発が選べる ランニング・ジョギングなど

ランニングαは選べる2タイプ

私が選んだランニングαは低反発素材が衝撃緩和をしてくれる[アブソーブ]と、高反発素材が推進力を生む[フォワード]が選べます。
クッション性を増したい私はもちろん前者。

[M.Mowbray Sport] Runningα Absorb

この赤い部分が衝撃緩和の低反発材です。
フォワードはここに黄色のクッションが付きます。

青い部分もクッション材になっていて、オーバル状の凸部がスプリングの役割を果たし、地面にかかる力を反発して推進力に変える効果があるのだそうです。

カップヒール

もともと付いていたインソールもカップ型ですが、ランニングαはさらに深めのカップヒールになっています。

[M.Mowbray Sport] Runningα Absorb

オリジナルより幅が少し広めなので、シューズに入れた時に、よりホールド感が増します。
土踏まずも高めなので、フィット感も上々です。

裏面に樹脂製のスタビライザーは付きませんが、逆にそれが最軽化に繋がっていて、ランニングαはシリーズ中最軽量となっています。

ちなみに表面に見える白い点々はμ-func(ミューファン)と呼ばれる抗菌作用のある純銀の糸です。M.モゥブレィスポーツの共通仕様で、雑菌の繁殖を抑えて防臭効果も期待できます。汗をかくスポーツシューズには嬉しい機能ですね。

サイズ展開

M.モゥブレィスポーツのインソールはそれぞれ男女共通の5サイズ展開です。

サイズ表記 S M L XL XXL
対応サイズ 23.5~24.5cm 25.0~26.0cm 26.5~27.5cm 28.0~29.0cm 29.5~31.0cm

私は28.5cmのシューズを履いているので、サイズはXLです。

切ってサイズ調整

サイズ調整のためにつま先側を切るのですが、目安の点線が入っているので分かりやすいです。

[M.Mowbray Sport] Runningα Absorb

上の重ねた緑のインソールがペガサス35のものです。

つま先の形を合わせるため、重ねたまま切ります。

[M.Mowbray Sport] Runningα Absorb

ペガサス35に合わせて切ってしまって、ゲルカヤノ23は大丈夫なの?と思われるかもしれませんが、ご心配なく。

なんとこの2足、インソールの大きさもカタチもぴったり一緒なのです。

[M.Mowbray Sport] Runningα Absorb

私もまさかと思いましたが、何度やっても同じ。
入れ替えても全く違和感がありません。
いくらサイズが同じでも、メーカーが違うのにこんなことがあるのですね。革靴では考えられません。

[M.Mowbray Sport] Runningα Absorb

色が違うだけで、素材もほとんど一緒。
通りでフィッティングが似ているはずです。

ランニングシューズの常識なのか、偶然なのか、いずれにしても別売りのインソールが一組で使い回せるのはラッキーです。

装着 そして試走

サイズ調整ができたところで装着です。

[M.Mowbray Sport] Runningα Absorb

もともと同じカタチのインソールが入っていたので、もちろんどちらもぴったり収まってくれました。

早速ゲルカヤノで走ってみたのですが、純正とは走り心地が違います。衝撃がさらに緩和されて、物足りなさを感じていた反発力が補われている感じ。

膝や腰に痛みが出ることなく、いつもウォーキング+ランニングしているコースを最初から最後まで走りきることができました。衝撃によるダメージを気にすることなく、体力の続く限り走り続けられるような感覚です。

気休め程度のつもりだったのですが、インソール一枚でここまで変わるものかと驚いてしまいました。

ますます走るのが楽しみに

お気に入りのシューケアグッズブランドからリリースされたスポーツインソール「M.モゥブレィスポーツ」。

付属のインソールとの違いは初心者の私でもはっきりと感じることができました。
他の高機能インソールと比べた訳ではないですが、私には必要にして十分な効果があるように思います。

これでこれまでより快適にランニングをすることができるようになりました。

次は自分の身体の機能向上を図らねば。

[M.Mowbray Sport] Runningα Absorb

コメント